プロミス

限度額の増額も実績次第で可能

プロミスは限度額の範囲内であれば再申し込み不要で繰り返し何度でも借りられるようになっているため、大きく限度額を持っておくと困ったときに頼れる借り入れが利用できるようになります。無駄遣いとして借りてしまうのは論外ですが、計画的に使うのであれば限度額は大きい方が良いです。

 

ただ、限度額は初回契約時には大きくなりにくく、プロミスを含む消費者金融のカードローンサービスでは少額の限度額設定となる場合が多いです。担保も保証人も不要でお金を貸してくれるために仕方がない部分はありますが、審査の結果次第では物足りないと感じる限度額設定となる場合もあります。

 

それでも限度額は利用内容次第で増額も可能となるため、初回契約時の限度額が小さいからと言って諦めないようにしましょう。

 

一定期間の利用実績が必要

プロミスでの限度額増額が可能となるとは言っても、契約直後にすぐに行えるわけではありません。一定期間の借り入れや返済を繰り返し、正常な利用実績を重ねることによって限度額の増額申請が可能となります。

 

概ね半年以上の実績が必要とも言われており、その間に遅れることなく余裕のある正常な返済を進めていれば限度額の増額申請が行えます。申請を出した後はプロミス側での増額審査が行われ、OKとなれば晴れて限度額が増額されます。

 

増額審査の際には新規での借り入れのときのような申し込みを行うのではなく、電話やインターネットでの手続きで進められます。店舗や契約機までの来店も不要であるため、急な出費などでより多くの金額を借りたいとなった際には増額申請を行ってみるのも良いでしょう。

 

ただし、利用期間が短い方やそれまでの正常な返済が行えていない方は、プロミスでの限度額増額は不可となります。あくまで一定期間の利用があり、正常な返済が行えている方のための増額となるので、返済にトラブルを抱えている方などは不可となります。

 

金利が下がる可能性も

大きな限度額での借り入れとなると、金利が低下する可能性があります。20万円や30万円の限度額では上限金利のままである場合が多いですが、大きな限度額設定となると金利低下の期待も持てます。

 

金利が下がれば同じ借り入れ金額でも毎月の返済負担が軽くなるので、余裕のある計画で返済が行えるようになります。限度額が異なっても借りる金額が同じであれば毎月の約定返済金額も同じなため、金利が下がることによって入金額に対する利息が減れば返済の負担が軽くなるのです。

 

金利を下げるためには短期間の利用では難しく、それなりの期間の利用実績が必要ともなります。長期に渡ってプロミスを利用しているといった方は、相談をするだけであれば何ら不利になることもないので、一度コールセンターなどに連絡をして相談をしてみるのも良いでしょう。

 

限度額増額の際の注意点

プロミスで限度額が増額されるとなった際に、限度額が50万円を超えると所得を証明する書類が必要となります。50万円を超えなくても限度額の増額によって他社との合計で100万円を超える場合にも、所得を証明する書類が必要となるので注意が必要です。

 

申し込み時と書類での収入が異なると、増額申請時の審査に通過ができているとしても限度額の増額がされない可能性があります。多少の違いであれば特には問題にはならない場合が多いですが、入力時には年収1,000万円としていた方が、実際には300万円であった場合などはNGとなることもあります。

 

正しく申し込みをしている方は気にする部分ではありませんが、限度額の増額を見据えてこれからプロミスへの申し込みを進めようと考えている方は、特に注意をしてミスなく申し込みを進めるようにしてください。